サークル紹介


リヴェルデーデとは?

「リヴェルデーデ」は早稲田大学公認のフットサルサークルです。 「リヴェルデーデ(="liberdade")」はポルトガル語で「自由」という意味です。その名に違わず、堅苦しい伝統とかしきたりはないので、比較的「自由」に活動しています。ちなみに、メンバーはリヴェルデーデのコトを「リーヴェ(ベ)」と呼んでいます。

 設立は1997年…当時は5人集めるのにも苦労したそうですが、現在は、規模が大きくなり、毎活動に25人前後は来ます。早稲田大学内のフットサルサークルの中では創成期に出来たサークルです。

 1学年の人数は大体30人ほど。現在のメンバーは、男子は早稲田のみ、女子は早稲田をはじめ、日本女子、昭和女子、大妻女子、共立女子etcです。男女比率は半々か6:4くらいです。サッカー&フットサル初心者が約8割を占めます。大学からフットサルを始めた人が多いですね。「男子と一緒にフットサルなんて出来るのかなぁ...」なんて思ってる女の子もいると思いますが、女の子でも楽しめるような環境がリーヴェにはありますのでご安心を。ちなみに、大半のメンバーがリーヴェをメインサークルにしていて、サークルの掛け持ちをしている人は少ないです。

  活動日時は、基本的に毎週日曜日で、本格的なフットサルコート(人工芝)でフットサルをします。リーヴェのホームはMFP(ミズノフットサルプラザ)千住です。サークル内でのMIX(=男女混成)紅白戦が主で、メンズやレディースを混じえながら楽しむこと最優先でやっています。もちろんレギュラーなんて概念はありませんし、毎活動参加強制ではありません。 時折ですが、他サークルとマッチメイクしたり、大会にも出場します。そういうときはマジになります。 活動後は、アフターでご飯食べに行ったり、遊んだり、飲んだりしています。

  飲み会は基本的に月に1回最後の活動の週にあります。マッタリ飲むのが基本スタイルです。テニサーみたいなノリはありません。メンバーはお酒には弱い人が多いと思います(笑)コールは一切禁止していますので、安心してください。

 合宿には年に5,6回行きます。新歓合宿、川合宿、夏合宿、秋合宿、スノボ合宿、春合宿などです。もちろんフットサルもしますが、それだけにとどまらず、いろんなイベントが起こるのが合宿の醍醐味です。楽しめること請け合いです。


フットサルとは?

 フットサルは、簡単に言うと5人(or6人)で行うミニサッカーみたいなものです。 コートもゴールもハンドボールと同じくらいで、ボールはサッカーボールよりも一回り小さく、弾まないものを使います。ショルダーチャージやスライディングなど、体に触れるプレーが原則禁止なので、サッカーほど怪我の心配もありません。 オフサイドはなく、プレー時間も短い(大会によって7分ハーフ、10分1本など様々。ちなみにリーヴェ内で紅白戦をやるときは6〜8分1本でやってます。)ため、初心者でも十分楽しめます。
  また、芸能人女子フットサルチームのリーグ戦が発足したりと、昨今は女性でも気軽に出来るスポーツとして人気がでてきています。 フットサルは男性・女性混合("MIX"といいます)でも出来ます。リーヴェはMIXを中心に楽しくフットサルをしています。  フットサルは本来的には体育館などの室内でやるスポーツですが、日本でフットサルコートというと、屋外の人工芝のコートを指すことが多いようです。実際、リーヴェも屋外の人工芝のコートを主に使っています。
 フットサルのルールをもっと詳しく知りたい人は、 こちらを見てください。


年間予定

1月   初蹴り
2月   テストお疲れ飲み  
  スノボ合宿  
3月   春合宿  
  追いコン  
4月   新歓コンパ、新歓フットサル
5月   新歓合宿 
  早慶戦
6月   BBQ
7月   テストお疲れ飲み
8月   川合宿
  夏合宿
9月   引退式
  代替わり  
10月   秋合宿  
11月   早稲田祭  
12月   クリスマスパーティ
  忘年会  
  蹴り納め  

大まかな流れは大体こんなかんじです。
基本週1のフットサルコートでのフットサルはもちろんのこと、不定期の大会、月1くらいでの飲み会もあります。



トップページに戻る